美容鍼と眼精疲労の相性

2020/02/10 ブログ
美容鍼と眼精疲労の相性

美容鍼眼精疲労の相性

 

 

こんにちは!

鍼灸サロン 孔-KOH-

代表の西上孔一朗です♪

 

 

 

本日は美容鍼と眼精疲労の相性についてお話させて頂きます。

 

 

まずは眼精疲労について

 

 

【疲れ眼と眼精疲労の違い】


眼は朝起きてから眠るまで活動しています。

近くを見たり遠くをみたり酷使している眼は

ぼやけたりかすんで見えたりするときありますよね?

そのほかにも眼が重い、眼の充血、眼が乾燥しているなど

眼のトラブルは多くの方が経験していると思います。

「眼が疲れる」「眼が痛い・重い」症状がでたときに

休憩したり、眠ったりして症状が治る場合は『疲れ眼』です。

しかし休息しても疲れ眼が改善せず

頭痛・肩こり・吐き気などその症状が続くようでしたら

『眼精疲労』と医学的には区別しています。

 

 

 


【眼精疲労はどうしてなるのか?】

 

 


原因としては

⓵目の使い過ぎ

⓶度の合わないメガネやコンクトレンズを使っている

⓷老眼の進行

⓸ドライアイなど目の病気

⑤ストレス

 

 

などがあげられます。

眼のまわりには、眼球やまぶたを動かす6本の外眼筋という筋肉があります。

このバランスが崩れると疲れ眼・眼精疲労につながり

これが原因で首、肩などの筋肉や神経に負担をかけ

肩こりになる場合もあるのです。

 

 

 

【眼の使い過ぎの原因はパソコン・スマホ】

 

 


パソコンやスマートフォンなどの

デジタル機器を多く使用することは眼の疲れにつながります。

画面を近距離でずっと見続けていることは

眼のまわりの筋肉が緊張している状態になり

疲れや眼がしょぼしょぼするなど違和感を感じたりするのです。

またパソコン作業は近距離の作業です。

この作業が長期間続くことで

眼がその状況に適応してしまい、近視が進行することもあります。

 

 

【合っていないメガネやコンタクトも眼精疲労の原因に】

 

 


気づかないうちに進行した近視や老眼。

眼に合わないメガネやコンタクトを使うとよく見えないだけでなく

眼によけいな負担をかけてしまい、眼精疲労の原因になってしまうのです。

30代後半から老眼による視力変化の症状が始まる時期です。

肩こりや頭痛を訴える方の中には

「今まで長くかけてきたメガネの度が急に合わなくなった」

「手元の書類やパソコンの細かい文字など、近くが急に見づらくなってきた」

という老眼の初期症状もよく見られます。

疲労の緩和や治療も大事ですが

まずは老眼の進行、度数、メガネフレームは自分に合っているのかなど

使用しているメガネやコンタクトについて今一度、確認してみてはいかがでしょうか。

 

という事です。

 

 

ここから美容鍼に当てはめていきますね!

 

 

上記にもあげている原因の中で筋肉の緊張とありました。

ここは鍼灸治療がとても有効なわけですね。

実際に当院で初めて美容鍼を受けられた患者様が言われる一つも

「眼がめちゃくちゃスッキリした!!」

なんですよ。笑

筋肉の緊張がとれると結果的に血液の循環もよくなるので

ドライアイなどにもよく効きます♪

 

重度の眼精疲労まで移行している方は

首肩周りの筋緊張も出ている可能性がとても高いので

お顔だけの施術だけでなく全身の鍼灸治療をすることをオススメしますね♪

 

 

美容鍼と眼精疲労の相性は抜群なので是非お悩みの方はお近くの鍼灸院へ(*^_^*)

 

最後に眼精疲労のリフレッシュ方法をお伝えして終わりにしますね!

 

 

⓵近くを見るのではなく遠くを見るようにしてください!

 

遠くを眺めることで眼の緊張を和らげます。

近くを見ると緊張する毛様体筋は、近くを見続けると緊張して凝り固まってしまい疲れ眼の原因になります。

遠くを見ることは毛様体筋がゆるむことになるので、眼の筋肉のリラックスになるのです。

 

 

⓶ホットアイマスクをしよう!

 

寝る前に目の周りを温めるだけでOK!

市販で色々売ってますが、自宅にあるタオルをレンジでチンして

眼の上においてあげるだけで十分ですよ♪

 

 

 

小さいことをコツコツと。

近道などないので皆さんご自身のお身体を大切にね♪

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

美容鍼と眼精疲労の相性