6時間よりも7時間で未来が変わる!?

2020/04/22 ブログ
京都 美容

京都美容に特化した鍼灸サロンの日々を記録しております♪

皆さまこんにちは!

鍼灸サロン 孔-KOH-

代表の西上孔一朗です(*^_^*)

 

本日のタイトルは

【6時間よりも7時間で未来が変わる!?】です♪

 

 

知ってましたか!!?

 

睡眠時間で感染率が全然違うんですよ!?

 

ベッドに入ってからYouTube見ているそこのあなた!!

(あ。これは自分自身にも言うてます。笑)

(寝ることが何よりの幸せである僕は平均7~8時間は寝てますが・・笑)

 

今すぐ寝ましょう。そら寝ましょう。

 

【自分の身は自分で守る】=【周りにも貢献できる】

 

 

「十分な睡眠」と「バランスのよい食事」を心がけ、免疫力を高めましょう!!

 

6時間じゃダメなんです。

分岐点は「7時間」です!!!

 

2014年のカリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究では、睡眠時間が6時間以下の人は

 

7時間を超える人よりも風邪ウイルスの感染率が4倍以上も高いという結果が報告されています。

 

 

4倍ですよ!!?

洒落にならんレベルです。

 

 

ではここで、良質な睡眠へ誘導するための方法と妨げになる習慣をご紹介しておきますね!!

 

■良質な睡眠へレッツゴー(*^_^*)

 

①ストレッチ

寝る前に心身をほぐし、リラックスすることで入眠をスムーズにさせる。

②入浴

入浴後に体温が下がることで自然な眠気へと誘導できる。

 


■良質な睡眠にとって“悪いこと”

覚醒モードを持続させてしまうこれらの要素は就寝前には避けるようにしましょう。

 

 

①アルコール

眠りが浅くなり、熟睡感が得られない。

 

②たばこ

覚醒作用があり、睡眠を浅くする覚醒作用が3時間ほど持続、利尿作用があります。

 


③カフェイン

覚醒作用が3時間ほど持続、利尿作用もあるため夜中に目覚めやすい。

 

④ブルーライト

覚醒作用があり、体内時計を狂わせる。

 

 

お気付きかもしれませんが・・

 

そうなんです。

 

 

こんな簡単なことなんです。

 

でも、世の中のほとんどの方が良くない生活習慣を送っています。

 

良い意味でコロナに感謝し生活習慣を見直すきっかけにしてくださいね♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 


京都で美容に特化した鍼灸サロンの日々を記録しております♪

本日のタイトルは【6時間よりも7時間で未来が変わる!?】でした♪